マッサンが最終回を迎えたので「マッロス難民」が発生する(キリッ

この眠気は花粉によるものか、はたまた昨日遅くまでマリオカートをしたからなのか。

真相は神のみぞ知る、どうもばななでございます。
 
先週でNHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」が最終回を迎えましたね。
母親がハマって見ていたようで、テレビが点いているのでつられて観る機会が多かったです。
 
そんなマッサン、世の評判はいかがなものかと、ヤフーの意識調査を拝見しました。
サイトを見ている今日(3月30日)現在、
満足度100%が全体の44.5%を占め、
満足度80%以上に括ると83.5%の方が満点だったと感じているようです。
まぁ、こういうサイト投票を行っているヒトという時点で多少なりとも関心があるのでしょうが、とはいえ高評価を残したのではないかと思います。
 
僕の感想としては…
放送回を飛び飛びでしか観ていないし、大半が母親のあらすじ解説で観た気になっていただけの人間なので、的を射たものは出ませんが、
エリーが健気で応援したくなったり、マッサンの広島弁がマイブームになって独り言が広島弁風になったり、作品自体は抵抗なく楽しく観ていたという印象があります。
ただ一点を除いて。
 
それは、11月頃でしたか。
マッサンがニート状態でウイスキーも作らない時期がしばらく続いていた頃。
僕が前の会社の有給消化で実家に暫く滞在(つまり半ニート)していたタイミングで、つけたテレビの向こうに終始ニートをやっているマッサンがそこにいました。
母親に「このドラマ面白いか?ニートがのたうち回ってるだけで展開が全体進まんぞ?」と言ったのを覚えています。
案の定ネットの評判も同様で、視聴率が20%割れたぞ!みたいな記事も見た気がします。
 
必要な演出のひとつだったんでしょうが、少々しつこかったかもしれませんね。
 
兎も角、無事最終回を迎えることができてお疲れ様でした。
エリー役のシャロやんことシャーロットケイトフォックスさんは日本語ができるわけではなかったそうで、台詞覚えが大変だったそうです。てっきり日本に永くいる方なのかと思ってました。
既に何本かCMにも出ているし、今後日本でも人気の女優さんになるかもしれないですね。
 
で、表題なわけですが、いちブームを巻き起こした「あまちゃん」はヤフーの意識調査でも満足度100%が6割を超えるほどの人気作で(友人の51氏も大好きだと豪語してたなぁ)、「あまロス」という社会現象が起きましたね。
その後の作品「ごちそうさん」には「ごちロス」、「花子とアン」には「花ロス」、という呼び名で難民現象が起きているそうな。
 
これは、もしや、
マッサン終わったんだから
「マッロス難民」発生なんじゃないか?!
語呂わるい!
だけど既にネットではマッロスという言葉はメジャーになっているかもしれない!
と思って、「マッロス」を検索してみました。
そしたらGoogleさんに
f:id:smdbanana:20150330203724j:image
(マクロスの間違いじゃね?)とツッコミを入れられましたとさ。