smdbanana’s blog

宮城県仙台市より、日々思ったことを綴っていくWebLogです。

髭面海賊の罠

ここに二枚のハガキがある。
f:id:smdbanana:20150216230925j:image

一枚は週刊少年ジャンプ12月号アンケートハガキ。

もう一枚は週刊ヤングジャンプ11月号アンケートハガキだ。

どちらも人気投票や特集ページへの満足度といった記入を行い、応募した人から抽選で景品をプレゼント、というものだ。

思春期真っ只中に電波少年を視聴していた人にとって、ハガキで景品ゲット、そう、懸賞というのは馴染みが深いのではないだろうか。

言わずと知れた「なすびの懸賞生活」だ。

ひたすらにハガキを書き、送り、当選を待つ。懸賞品の相当金額が100万円を超えたら企画終了!といった趣旨だったと思う。

中学生だった私は「うわー、芸人って大変だなあー(小並感)」と思うと同時に、「こういう懸賞って実はけっこう当たるのでは?」と思うのであった。

 

その熱がなぜか今、全俺を包み込んだ。

そう、時間セレブだったのだ。

 

そのとき手元にあった最新のヤングジャンプ(10号)のアンケートハガキに記入し、欲しい賞品にニンテンドー3DSLLを指定。ポスト投函したのだった。

翌月曜日、引き続き時間セレブな私は、週刊少年ジャンプ(11号)のアンケートハガキにも記入。欲しい賞品にこれまたニンテンドー3DSLL。ポスト投函。

(余談だがニンテンドー3DSは新旧両方持っている。あって損なし^q^)

 

数日後、家の郵便受けにあるハガキが届いた。

それは、

週刊少年ジャンプアンケートハガキ(11号分)だった。

年齢30歳!欲しい賞品ニンテンドー3DSLL!のそのハガキは、

切 手 ナ シ の た め 金 額 不 足

で返却されたのだった。

同居している母親から

「年齢30歳のおじさーん、こんなん届いてますYo~★」

と煽られた。人のおちょくり方をわきまえていらっしゃる。

ヤングジャンプのハガキは料金受取人払郵便(切手不要)だけど

週刊少年ジャンプは、、、切手がいるんですね。

 

「52円切手をはってね!」

書いてるジャン。

 

絶対、同じ過ちを犯した人はいるはずだ。